4月レッスンのご報告

4月14日(土)に行いました
生花アレンジメントレッスンのご報告です。

画像


前回、春全開のアレンジ・・・と予告しておりましたが
今年の春はあっという間に過ぎた感じで、
市場にも春を代表するお花がほとんどありませんでした。

ということで、急きょレッスン内容を変更せざるでしたが
素敵な色目のバラに出会いました。

お花ももピンクの桜から紫の藤へ移行する時期。
季節をこのように色目で移り変わりを表現できるのも
四季がある日本ならでは・・・

ピンクのバラ、紫がかったバラ・・・
アクセントに紫のお花を使いました。

これからグリーンが鮮やかになりますが
レースフラワーのグリーンがとても綺麗です。

画像


器はオーバル型のガラスの素敵な器を使用。
なので、アレンジもオーバル型に。

とても上品な感じのアレンジに皆さん仕上がりました。

こんな上品なアレンジにはフランスの焼き菓子がぴったりなのですが
何故か今回はド・和風の手作りの「いちご大福」(笑)

画像


紅茶は、和紅茶で「静岡・まりこ」
日本を代表するお茶のべにふうきのファーストフラッシュです。
ファーストフラッシュと言っても、
ダージリンのファーストフラッシュのようなイメージではなく、
結構しっかりした味です。
でも和紅茶ならではの、渋みが少なく甘みがある、とても美味しい紅茶です。

画像


ちなみに私の亡母の名前が「マリコ」なんですが・・・^^;

この「まりこ」は静岡の地名「丸子」です。
明治時代、徳川家臣の多田元吉という人が、
日本人ではじめてインドのアッサム地方でお茶栽培の勉強をして、
お茶の種を色々と日本に持ち帰ったそうです。

その子孫の木が丸子でひっそり栽培されていたのを、
1989年から10年以上かけて松村二六という人により
紅茶の栽培に成功させたそうです。
それがこの「丸子紅茶(まりこ)」です。
完全無農薬で、しかもこの「紅富貴」は花粉症にも効果があるそうです。

今年のT花の花粉症は本当に重症で、
レッスン中も鼻水がズルズルと・・・(失礼)
この紅茶を飲んで改善されればうれしいです。

とても奥深い和紅茶の味を皆さんに楽しんで頂きました。

次回は5月12日(土)母の日の生花アレンジメントレッスンです。
お楽しみに!!

☆彡大阪府東大阪市 フラワーアレンジメント&紅茶教室 Tearoom*花

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント